2016年7月17日(日)、鳥取県米子市皆生温泉で開催された第36回全日本トライアスロン皆生大会に参加してきました。平成13年の第21回大会に49歳で参加してから6回目の参加です。昨年は抽選に外れ、初めてトライアスロンの無い夏を過ごしただけに、今年参加できることになって嬉しさ一杯でした。皆生大会と言えば梅雨明けの暑さで有名ですが、今回も予想通りバイクとランでは暑さに苦しみました。 
  天気予報に反してほぼ晴れ。小雨を覚悟していましたが、きっちりと晴れました(^_^;。
昨年の大会にてスイムで不幸な事故があり、今回より砂浜からのスタートではなく、沖合50m付近からのフローティングスタートとなりました。しかし時間間際になっても3割ぐらいの選手がスイムバトルを恐れ、砂浜にいました。作戦ではバトルを避けるためにできるだけ外側からのスタートを目指しましたが、幅100mぐらいの幅でスタートした選手が、幅約50mのブイ間を通ろうとするのですから、バトルはやはり起きました。ライン沿いに泳ぐつもりでしたがそこは混雑しているため、中央付近を通ると両側から挟まれた形になり、心拍数増加、呼吸困難のため、立ち泳ぎをしながらライフセーバーのボードに近づき、1~2分休憩しました。これで呼吸が楽になり、空いたスペースを見つけて泳ぎ始めることができました。その後はたいしたバトルに巻き込まれること無く、マイペースで泳ぎ3kmのスイムを終えました。
 バイク140kmはジェットコースターと呼ばれるアップダウンの激しいコースですが、これも暑さにやられながら何とか乗り切りました。
 13690865_903448606431622_4617728800122700951_n
最後のラン42.2kmは曇り空と快晴の混じった天気で、前回より涼しいランになりました。
ただ途中で4回トイレ(大)に行くなど、腹の調子が悪く、整腸剤も無効でした。
13738153_902653909844425_604849342752793559_o
ランは最後まで㎞7分30秒前後で走ることができ、前回の熱中症にやられたランより30分以上速く走ることができました。13時間34分かかってゴールすることができました。
13737621_902653953177754_3600027006136608727_o
今回の大会の練習ではスイムとランは不足していましたが、ランだけは月間走行距離が伸びており、トレランの効果もあったと思います。応援してくれた家内に感謝しつつ、来年にもまた挑戦したいと思いました。2016年皆生大会完走証