2015年01月

年末に行けなかったお亀避難小屋、連休を使って登ってきました。
登山口の光石に着く前に西熊山が下から見えましたが、かなりの雪がありそうでした。
CIMG6350
光石登山口には多少の雪がありましたが、それほどでもありませんでした。
この光石に10cmの雪があるときには稜線に50~60cmぐらいの雪があることが多く、登山口の様子で上の状況を推測できます。
IMG_0349

登山開始は午後2時45分と少し遅めでしたが、午後6時頃にはお亀避難小屋に着けると思っていました。
ところが夕方5時頃から雪が降り始め、先が見えにくくなりました。目印の赤いテープも見えず、ロスト状態。ライトも雪で反射して遠くの目印が見えず、GPS(オレゴン550)の画面で夏道を確かめながら、雪と格闘し、午後7時半にやっとお亀避難小屋にたどり着きました。小屋には誰もおらず、すぐ薪ストーブを焚いて、暖を取りました。自宅から担ぎ上げた木の枝のおかげですぐ火が付き、キムチ鍋とホットウイスキーの夕食を頂きました。
CIMG6372
CIMG6384
CIMG6386
CIMG6376
翌朝午前5時半頃、突然の登山者、知り合いのNさんたち5人組でした。午前1時頃からの登山とのことで、「すごい」の一言でした。

翌朝はガスがかかり、雪が多いだけでなく、強風も吹いていました。三嶺まで行くには天気が悪かったため縦走が厳しいと判断し、西熊山往復をめざしました。
これもホワイトアウトの状態で、GPSの情報を頼りに夏道を探し、登りました。夏なら15分ぐらいで登れる西熊山ですが、約1時間かかって頂上に着きました。
CIMG6405
CIMG6418


CIMG6416

帰り道も10分前の足跡が雪で消えるほど、風と雪が強く、多分三嶺に向かっても厳しい状況だったと思います。一旦小屋に帰り、ラーメンを食べた後、下山しましたが、先に降りたNさんたちのトレース(足跡)を辿ったので順調に下ることができました。午後0時頃光石登山口に到着しましたが、前日と打って変わって雪の駐車場になっていました。一晩で10cmぐらいの雪が積もっていました。

CIMG6428-1
IMG_0363



今回は三嶺まで行けませんでしたが、次回は白髪山経由で三嶺を目指したいと思っています。
 

昨年末に長男、次男一家が帰省し、正月元旦に三男一家が帰省した。
3人の息子から孫8人が生まれ、 我ら夫婦を入れ、16名での正月だった。
まるで臨時の保育園のような孫たちの様子。

正月の夜には田舎で独り暮らしをしている父のところにみんなで行き、 
正月を祝った。
IMG_0311
2日には野市動物公園に行き、孫たちが動物を見ている間、園内をぐるぐる走って回りました。
CIMG6286
CIMG6283
最後の家族が帰ったのは1月7日。
「来て嬉し、帰って嬉し」の10日間だった。
 

↑このページのトップヘ