カテゴリ: SUP

子どもたちの帰省が始まる直前、一日だけ時間ができたので、宇佐から出艇した。
今回は初めてSUP(スタンドアップバドルボード)で釣りをしようと、セッティングした。

後ろに座席を兼ねたクーラーボックス、前にはタックルボックスや手網を入れる箱、それらをそれぞれ丈夫なベルトでSUPに固定し、スタートした。
 P8060037
P8060036
普段なら片手で持ち上げられるSUPですが、氷と飲み物の入ったクーラー、2本の竿、仕掛けなど満載のSUPは抱えることができず、ちょうどスロープのレールに載せて、フィンをセットしました。
台風の接近で沖にはうねりがあり、目的の瀬の近くには白波が見えたので、普段は釣りをしない浅場(10m以内)で釣りをしました。
P8060056
P8060043
仕掛けはマダイ狙いの 鯛ラバ、そしてイカ狙いの餌木、どちらもポイントが違うためか、当たりがありませんでした。1時間弱竿を出しましたが、次回好ポイントに行くことを期待し、納竿しました。
風も強く、かなり漕いで帰港しました。
出航 15時01分 帰港 17時00分

今回の反省
 1)次回は餌を持参し、キス狙いか一つテンヤでやったほうが良い。 
 2)クーラーの位置が後ろ過ぎて、ここに座ると重心が後ろに行きすぎる。
  前のボックスとつなぎ、後ろに下がらないようにする。
 3) アンカーを持参し、風や波に流されずに、良いポイントで釣りを続けられるようにする。

息子達がサーフィンをしていますが、60歳を過ぎて今さらサーフィンは激しすぎると思い、以前カヤック釣りの途中で見たSUP(スタンドアップバドルボード)に挑戦することにしました。

5月連休に徳島美波町のクーランマラン人力旅行社で試乗をして、一番安定性があり、しかもツーリングにも向くSUPを注文していました。
僕はBIC ACE-TEC WINGの12.6フィート(3.8m),家内は11フィート(3.3m)のSUPを選択しました。

6月14日(日) 宇佐「竜の浜」
手前の青いSUPが
11フィート、奥の赤いSUPが12.6フィートです。
CIMG7457
反対側からの写真です。
CIMG7458
2人とも高齢者なので(^_^;、軽いカーボンパドルにしました。
長さを決めるために調節可能なアルミパドルも貸してもらいました。
だいたい身長+15~30cmだそうです。
杉本さんはインフレータブルSUPを持ってきていました。
CIMG7455

シャンパンをかけての進水式、初めてセレモニーに感激しながら、小雨の中「竜の浜」を漕ぎました。
DSCF9217
DSCF9212
 DSCF9218
DSC_0197

途中で落水というアクシデント(^_^;にもめげず、およそ30分のツーリングを楽しみました。
DSCF9222
DSCF9225
車載の仕方も教えていただきました。
DSCF9229


1週間たって今日6月21日(日)午後に仁淀川河口に行き、SUPを漕いできました。
今日は長崎の母も連れて行き、見物してもらいました。
IMGP0039
IMGP0049
仁淀川をさかのぼっていきます。
IMGP0047

仁淀川大橋を下から見るとこんな具合です。
IMGP0043
仁淀川が海に注ぐところです。SUPで海まで出られそうでした。
IMGP0051

カヤックよりも積み下ろしが楽で、数時間あれば海や川でSUPを漕ぐことができます。
きれいな海や川が近くにある幸せを感じます。

徳島美波町クーランマラン人力旅行社の杉本さん、良いSUPを選んでいただき、ありがとうございました!

↑このページのトップヘ