カテゴリ: 登山

今回は一泊二日の山行でした。一日目の宿、八丁小屋。お亀避難小屋のような薪ストーブはありませんが、いろりがあります。本来なら薪ストーブのあるお亀避難小屋まで行きたかったのですが、登山開始が午後4時頃だったので約1時間歩いてこの小屋に到着しました。
P3190225
P3190251
P3190254

夕食はけむいけれどいろり端で食べました。自宅から持参した薪で暖を取りました。
P3190258

P3190240
手前右がカレーライス、右奥がハヤシライスです。もちろんレトルトです(^_^;。
 泊まったのは僕たち二人だけでした。今年は結婚40周年に当たり、その前祝いとして赤ワインで乾杯しました。
P3190238
 翌日、非常食や簡易テント、水などを背負い、八丁小屋を午前6時半頃出発し、久しぶりにフスベヨリ谷を通って三嶺を目指しました。この谷は2004年の台風にて大きな土砂崩れがあり、あちこちで登山道が寸断されています。それを承知でこの経路を選んだのはサオリヶ原経由より距離が短いためでした。
出発して約5分で目指す三嶺の見えるポイントを通過します。頂上が見えるのは実はここだけなのです。途中登山道が何カ所も崩落しており、以前なら八丁小屋から4時間以内で行けましたが、今回は6時間かかりました。
P3200273
 吊り橋を渡ります。
P3200276
 大規模な崩落の後。台風後も雨の降る度に崩落が続いているようです。
このため新しい登山道の目印が流されたり、古い目印が部分的に残ったりしています。
P3200310
P3200313
 この後ルートが崖崩れで消失していたため、一旦登った尾根から谷に降りるために2度ほどロープを使用しました。
写真は頂上近くの稜線直下です。この右手に水場があります。雪の深さは20~30cmぐらいでした。
P3200321
 頂上に着く前にこの後縦走する西熊山と天狗峠が見えます。
P3200327
 頂上手前。家内の後ろに西熊山、天狗塚が見えます。
P3200346
約6時間かかって三嶺山頂に着きました。
P3200370
 おなじみのヤマネチ!少しカメラが傾いていました。P3200352
顔見せのヤマネチ(^0^)。
P3200373
遠くに剣山とジロウギュウが見えます。三嶺頂上小屋の赤い屋根も雪の向こうに見えています。
P3200376
頂上小屋で休まず、お亀避難小屋方面に縦走することにしました。景色抜群のコースです。
P3200389

三嶺をバックにご機嫌の家内。あと20分でお亀避難小屋に到着します。
P3200393

ここまで来たら後のコースはよく知っているので安心です。
少し余裕のある表情です(^0^)。
P3200401
お亀避難小屋。
P3200425
P3200422
避難小屋の手前には約1mの雪だまりがありました。
P3200431
薪ストーブ。今回はここまで薪を担ぎ上げることができませんでした。次回はぜひここで宴会をしたいと思います。
P3200432
家内はチキンラーメン、僕はカレーメシ。奥にあるのはぜんざいです。
P3200440
小屋に置いてあるノート、全て僕が持参しました。ページが薄くなっているのは薪ストーブのたき付けに使われたようです。今回5冊目のノートとボールペンを上げました。
P3200443
今回のコース。朝から12時間半かかって三嶺を一周しています。
中央の丸い点が八丁小屋の位置です。2日間で15km以上歩いています。
 Screenshot_20170321-003150
午後7時、光石登山口到着。雨が降っており、ゴール後の記念写真を撮ることもできず、大急ぎで下山しました。

土曜日の午後、空き時間を利用して家内と一緒に筆山から南嶺の鷲尾山に登ってきました。ただの記念写真ではおもしろくないので、ヤマネチのポーズをとりました。。これって「コマネチ」のパロディで、高知の登山愛好家「FULL FULL」が登山の喜びを体現化した奇跡のポーズだそうです。もちろん「山」の字をあらわしています(^0^)。
P3040190
下の写真は友人のY君のヤマネチ。2015年2月一緒に三嶺に登った時にこのヤマネチポーズを教えてもらいました。
 CIMG6642

2月19日(日)、高知龍馬マラソン2017を走ってきました。昨年より涼しく、走りやすい天候だったと思います。風も強くなく、良かったのですが、練習不足のせいか後半失速し、最後の坂を歩いてしまいました。キロ7分まで落ちていますが、来年はこの坂を走って登りたいと思います(^_^;。
それでも初フルから25年間、一度もフルマラソンで4時間を越えていないので、あともう1年、65歳までサブ4を狙いたいと思います。ただしロングのトライアスロンのフルマラソンはどうしても4~6時間かかります。
16807576_1139472206162593_3935015741019385685_n
SFRC(四国ファンランクラブ)の皆さんと
Ryouma01
DSC_2115
UMML(ウルトラマラソンメーリングリスト)のスポック博士と
(彼は地球人ではなく、宇宙人です。ビール星人と聞いています(^0^))
スポック
40km地点ですが、まだ足は動いています。
16807676_1001896289944145_2403120712981560773_n
c3865c2d

b0fbf6a5

今回は2つのミッションがあって、その一つは例年通りフルマラソンを4時間以内で完走すること、もう一つは春野運動公園から高知市内まで自力で帰ることでした。例年は約8kmの舗装路を走って 帰りますが、筋肉痛でなかなか走れないので、今回は最初から歩くつもりでした。春野運動公園のすぐ北側にある柏尾山(323m)に登り、続いて烏帽子山(359m)、鷲尾山(306m)の南嶺ハイキングコースを歩きました。約9kmの道のりを3時間かかって歩き、城西公園に止めてあった自転車で帰宅しました。
 ハイキングコースから石鎚山系と三嶺山系の真っ白い雪山が 
見え、ワクワクしました。2月にインフルエンザにかかり、2月11日の山行が中止になったので、その分まで歩いてきました。
写真は柏尾山にあるアンテナ塔
DSC_2125
烏帽子山の鳥居
DSC_2127
いつものトレラン練習コースの鷲尾山
DSC_2128
 

12月23日(金)に三嶺に登った時はほとんど雪がなく、樹氷だけだったので、雪を見るために1月9日にもう一度登ってきました。
光石登山口から出発し、西熊林道を経てさおりヶ原に行くつもりでしたが、林道のトンネル先の降り口(さおりヶ原)に気づかずに過ぎてしまい、やむなく韮生越(にろうごえ)を目指しました。しかし沢が凍っていてトラバースが難しく、結局直登して白髪山と白髪分岐の間の稜線に出ました。
稜線の雪は10~20cmでしたが、三嶺付近は20~30cm積もっていて、予想外の雪でした。10年ぶりに三嶺ヒュッテ(頂上小屋)に寄ってラーメンとおしるこを食べ、帰りはさおりヶ原からもう一度西熊林道に出て帰りました。2月にもう一度行けたらと思っています。
 
白髪山と白髪分岐を結ぶ稜線です。先行者の足跡がありました。
P1091238

三嶺頂上、風速10m位、気温はマイナス5度以下だと感じました。5分もいられませんでした。
P1091265
1893mとあるのは旧表記で、新しい測定にて現在1893.6m(四捨五入して1894m)だそうです。
P1091272
徳島県側の登山口、名頃へと続く道には足跡がなく、今日はまだ登ってきていませんでした。
P1091294
名頃方面の看板、雪で隠れていたので,手袋でぬぐって撮影しました。
P1091295
冬期は雪が多い時には雪で入れない頂上小屋。誰もいませんでした。ゆっくり1時間休憩できました(^0^)。
両側からつっかえ棒をしているのはこの場所が強風の吹くあかしです(^^;。P1091301
 小屋の中はきれいに掃除されていました。小屋の中の温度計はプラス1℃を示していました。
10年以上前に泊まった大雪の日は小屋の中で水が凍りましたので、マイナスだったと思います。
P1091302
P1091303
 カレーラーメンとおしるこで昼食です。
P1091316
P1091318
 頂上ヒュッテで休憩した後、もう一度三嶺頂上に行くと名頃からの6人パーティ(女性2名~3名)がいました。名頃の駐車場には全く雪がなかったそうです。それにしても右端の女性のザック(またはザックカバー)は大きいですね。みんなストックと別にピッケルを持っていました。
P1091339
 今日のコースです。西熊林道から韮生越(にろうごえ)を目指しながら、かなり蛇行しています(^_^;。201701sannrei
予想外に雪のあった三嶺ですが、高知市内では好天気、山の上では一日中吹雪の状態でした。
時間切れになり、予定していた西熊山への縦走は次回に持ち越しです。

2016年12月23日 三嶺に行ってきました。
1週間前に20~30cmの雪がある、との情報を得ていましたが、数日来の雨と南風で雪が溶けていました。
 過去には12月下旬に大雪の降ったことのある三嶺ですが、今年はまだ雪が少なく、心ときめく山行にはなりませんでした。
三嶺(1894m)はみうね、高知県ではさんれいと呼び、日本200名山に入っている山です。
いくつかコースがありますが、今回は高知県側の光石登山口からカヤハゲ(東熊山)経由で登りました。
 当日は自宅を午前4:00に出発し、約1時間半かかって光石登山口(910m)に到着しました。
登山口には登山路の崩壊のお知らせがありましたが、事前の情報で分かっており、迂回路を通らず、通常のコースを通って三嶺を目指しました。午前6時登山開始。
PC230828
約1時間でさおりヶ原に到着しました。午前 7:06
 PC230837
ここには森の巨人たち百選に選ばれたNo.79 トチノキ(25m)が枝を伸ばしていました。
PC230841
PC230844
さおりヶ原を過ぎると、谷を隔てて向かい側にこれから通る西熊山、お亀避難小屋が見えます。
西熊山(1816m)
PC230860
お亀避難小屋(矢印)
PC230861
登山開始後約2時間半でカヤハゲ(東熊山1720m) に到着しました。かなり遅いペースです。
PC230885
三嶺は雲に包まれ、頂上は見えませんでした。あの雲の中に入ってしまうと周囲は見えない状況です。
PC230888
途中に少しだけ雪が残っていました。
PC230893
頂上に近づくと少しガスが晴れてきました。
PC230897
遠く東側にジロウギュウとその左に雲をかぶった剣山が見えました。
PC230898
カヤハゲから約1時間で三嶺(1894m)  に到着しました。午前9:45
PC230933
頂上小屋方面は何も見えません。
PC230938
気温はマイナス4℃とこの時期にしては寒くありませんでした。
PC230947
記念写真を撮って三嶺を後にしました。
PC230944
三嶺から西熊山を経てお亀避難小屋を目指します。
三嶺を振り返ってもやはりガスに包まれています。
PC230973
三嶺から約1時間で西熊山(1816m)に着きました。午前10:50
PC230977
ここから天狗峠、そして天狗塚が見えます。中央奥のきれいな三角が天狗塚(1812m)です。
PC230982
 西熊山から見たお亀岩避難小屋(赤い屋根)です。
PC230984
途中の樹氷がきれいでした。
PC231004
PC231014
約20分でお亀避難小屋に着きました。
PC231030
祝日ですが、誰もいませんでした。
PC231033
PC231034
ここで大休憩。ラーメンとリゾットで昼食にしました。11:15~12:03
PC231036
 次回はこの薪ストーブで暖まりたいと思っています。
PC231041
お亀避難小屋から天狗塚を目指します。
約30分で天狗峠(1780m)に到着です。
PC231047
 ここから20分で天狗塚(1812m)です。12:50~12:55
PC231051
PC231072
三嶺方向を見ると三嶺の向こうに剣山(1955m)とジロウギュウ(1930m)が見えます。
この時間にはガスは晴れていました。
PC231088
 ここから天狗峠に引き返し、帰りは地蔵の頭(1805m)を通り、綱附森(1643m)に向かう稜線から綱附新道を通って登山口に帰りました。
途中倒木が多く、谷も荒れていました。シカの食害と考えられますが、以前より野生のシカを見かけなくなったのは、駆除によりシカが減ったのか、この山系より他の地点に移動したのか分かりません。
綱附新道入り口
PC231123
堂床野営場近くの黄色のテープ
PC231126
 朝は暗くて写真が撮れなかった崩壊した登山路その1PC231128
その2
PC231133
自己責任にて慎重に通過しました。
光石登山口(910m)到着。15時24分
朝は見えなかった迂回路、次回はこの道を通って西熊林道からさおりヶ原経由で三嶺に登ってみようと思います。
PC231139
PC231140
PC231143
概念図です。
15589944_1090922604350887_1452624191059051913_n
 
タイム)
光石発  6:00
さおりヶ原の巨人たち看板  7:06
 森の巨人たち百選 No.79 トチノキ  25m
さおりヶ原分岐(979m)   7:06
カヤハゲ(1720m)  8:35
三嶺(1894m)  9:45
西熊山(1816m)  10:50
お亀岩避難小屋(1640m) 11:15~12:03
天狗峠(1780m) 12:30
天狗塚(1812m) 12:50~12:55
天狗峠(1780m) 13:12
地蔵の頭(1805m) 13:17
稜線分岐(1560m)
綱附新道分岐(810m) 15:02
光石(910m) 15:24  

↑このページのトップヘ