カテゴリ: 釣り

子どもたちの帰省が始まる直前、一日だけ時間ができたので、宇佐から出艇した。
今回は初めてSUP(スタンドアップバドルボード)で釣りをしようと、セッティングした。

後ろに座席を兼ねたクーラーボックス、前にはタックルボックスや手網を入れる箱、それらをそれぞれ丈夫なベルトでSUPに固定し、スタートした。
 P8060037
P8060036
普段なら片手で持ち上げられるSUPですが、氷と飲み物の入ったクーラー、2本の竿、仕掛けなど満載のSUPは抱えることができず、ちょうどスロープのレールに載せて、フィンをセットしました。
台風の接近で沖にはうねりがあり、目的の瀬の近くには白波が見えたので、普段は釣りをしない浅場(10m以内)で釣りをしました。
P8060056
P8060043
仕掛けはマダイ狙いの 鯛ラバ、そしてイカ狙いの餌木、どちらもポイントが違うためか、当たりがありませんでした。1時間弱竿を出しましたが、次回好ポイントに行くことを期待し、納竿しました。
風も強く、かなり漕いで帰港しました。
出航 15時01分 帰港 17時00分

今回の反省
 1)次回は餌を持参し、キス狙いか一つテンヤでやったほうが良い。 
 2)クーラーの位置が後ろ過ぎて、ここに座ると重心が後ろに行きすぎる。
  前のボックスとつなぎ、後ろに下がらないようにする。
 3) アンカーを持参し、風や波に流されずに、良いポイントで釣りを続けられるようにする。

ほぼ1年ぶりに室戸方面に釣りに行った。
冬場であったが風はさほどなく、気温も午後からは上昇した。
ただ潮は速く、まるで川のような流れでかご釣りもフカセ釣りも難しかった。
 DSC_0739
DSC_0741
午前7時半から午後1時半頃まで釣りをしたが、自分には青物(スマカツオ)がメインで、狙いの底物は釣れなかった。うまく底を釣った釣友にはグレ、イサキ、アカハタなどが釣れていた。
次回は仕掛けやえさに工夫を凝らして底物を釣り上げたいと思った。
僕の釣果(青物中心)
DSC_0748
友人の釣果(豪華な魚たち)
DSC_0745
DSC_0744
当日は4人で釣りました。
2
帰宅後の刺身料理、おいしかったです。
DSC_0753
 

久しぶりに釣りに行くチャンスができ、12月23日(火)室戸方面で釣りをした。室戸は7月以来だったし、最後に釣りに行ったのは9月の宇佐以来だった。朝の4時前に高知市を出発し、室戸方面に付いたのは5時半前、それから暗い中でゴムボートを組み立て、6時半過ぎに出航した。
天気予報では冬型の気圧配置が緩んで、穏やかな天気になるとのことだったが、午前10時頃までは北西の風が強く、潮の流れと風向きがしょっちゅう変わり、釣りにくい海況だった。午前10時を過ぎると風がやみ、そして潮の流れも変わった。
CIMG6055
CIMG6056
釣友のY中さん 暖かな午後だった。
CIMG6057
みんながグレを釣り上げているのに少しも当たりがなく、場所を移動したところ、石鯛(コウロウ)、イサキ、オジサンイラ(テス)などが釣れた。途中でサンノジも釣れたが、夏に持ち帰ったところ内臓がくさく、食べられなかったので今回は捨てたが、釣友のY﨑さんから、冬のサンノジは食べられる、と聞いた。次からはキープしておこう(^_^;。
午後2時頃になって当たりがなくなったとき、ふと気がつくとボート左後方の気室がへこんでいるのに気づいた。針先か魚のとげで穴が開いたと思い、皆より先に帰港した。自宅に帰って膨らませると小さな穴がサイドに開いていて、どうも釣り上げた魚のとげが船に刺さったと考えられた。
CIMG6062
CIMG6066
釣友たちの釣果
CIMG6067
CIMG6071
僕の釣果は1500g、42cmと700g、31.5cmのイラ2匹、石鯛は836g、36.5cmと小ぶりだったが良く引いた。
そして500gのイサキと540gのオジサンの計5匹だった。CIMG6087

CIMG6078
CIMG6090

石鯛は明日刺身にすることにし、イサキとイラ、オジサンを刺身にしたが、柔らかめのイサキに対し、オジサンはこりこりとした食感で、かなりおいしかった。イラも鍋が最高だが、刺身も絶品と感じた。
CIMG6093

昨日頂いたイカと鯖を調理し、一緒に食べたが、日本酒が良く合っていた。
CIMG6096



 

↑このページのトップヘ